UnderZeroホームページ UnderZero LOGO

UnderZero STAFF REPORT … Backside Under Zero

Essay day … 2015/11/19
Writer … 平井シュウ

Backside Under Zero

裏アンダーゼロを語ります。
「すべてのアスリート系ゴルファーへ!」私の純真な気持ちです。
しかし、アスリート系ゴルファーだけ見つめてデザインをしている訳ではありません。
普通のゴルファーがプレーでも、タウンでも着こなしが出来る要素も重要です。
巷にはかっこ良過ぎるブランドが多々ございます。
スコアが70~80前半でプレー出来る方は、何を召されても似合います(ちなみに私は、ほぼ「除夜の鐘」レベルです)。
ドライバーで250ヤード飛ばせる方は、何を召されても似合います(ちなみに私は、ナイスショットでも黄旗の手前です)。
しかし私のような約20年間低空飛行のゴルファー(クラブ・ボールは進化しているはずですが)は、素敵過ぎるウェアに負けてしまします。そんな方にもUnder Zeroを身に付けていただきたい!
こんな例えが的を得ているかもしれません。
「すべてのアスリート系ゴルファーへ!」→「すべてのアルコール系ゴルファーへ!」
デザイナーとしては、甲乙付けがたい悩みです。

ちなみに2014年JGTO23試合ですべてのラウンドをアンダーゼロ(要するにイーブン)で回ったとすると、どんな成績だと思われますか?予落7回、最高順位11位(日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯)、獲得賞金総額¥17,277,975。賞金ランク57位相当。見事に賞金シードです。十分じゃないですか?

やはりアスリート系か、いやいや自分自身を冷静に見つめてアルコール系か?
悩みは当分尽きそうにありません。


Copyright ©2015 UnderZero Sport Apparel All Rights Reserved.